読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光に溺れ闇と踊れ

日々の怒りや嘆きを文章にしていきつつ、SHINEな国に抗う、そういうブログ

レディースデーについて調べたら「だからレディースデーは必要だよ」と思い至った話

たまには性犯罪やセクシストに関すること以外でも書こう、と思ったら結果的にはそうならなかった、という記事でした。

レディースデー -なぜ世の中では女性ばかりが優遇されるのか?
http://president.jp/articles/-/13323

あ、やべえ、これはヤバいぞ。これはもうタイトルから結論が導き出される例だ。

それなら割引対象を男性に広げてもいいじゃないか。『メンズデー』を設けないのは“逆差別”ではないか」と、腹を立てる中年諸氏が少なくないはず。

そ れ は あ な た で す

大抵、こういうのと逆差別はセットになっているけれどもな!生涯賃金とかな!退職後再就職する時にパートしかないというそれとかな!それを知っていたら、まずそういう言葉は出てこねえから!

早い話が
「平日にそれを設けるのは、平日だと男性は仕事をしていているから。回転率を上げるためにレディースデーを入れる」ということだった。

いろいろ過程をすっ飛ばしすぎているので、「そうですか」としか言いようがなかった。

締めが

こう考えてくると、先にも触れたように、世の中に女性を優遇するサービスがなぜ多いのかがわかってくる。消費増税前の駆け込み需要の反動で、消費全体の落ち込みが懸念されているだけに、「逆差別」などと水を差すようなことは慎み、おおらかな目で見ることが大切だと納得しておくことにしよう。

だったので、締め上げてえぇぇ、と思った。お前も花束にしてやろうか!(2014年の記事だったが、ひどさは今もあんまり変わらない)

レディースデーについては
・何故レディースデーは基本水曜なのか?
・各映画チェーンのレディースデーはどう違うのか
・そもそも歴史を知りたい
・海外での事情はどうなのか

という事が知りたいのに、出てくる検索結果がほぼ男性の持論しかねえんだよ!それはダメだろ!

…だから、まあ、あった方がいいよね、というのが結論でした。「俺も優遇しろ!」って十分過ぎるくらいに優遇されとんのにね…