読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光に溺れ闇と踊れ

日々の怒りや嘆きを文章にしていきつつ、SHINEな国に抗う、そういうブログ

スシ・ポリスの魂は市場すしに受け継がれた

かつて、農水省が「最近、海外ではインチキなスシが出回っている。日本政府が『正しい日本式の寿司にお墨付きを与えよう』」というナショナリズムをやろうとしていた。それは、海外では「スシポリスだ」「(正しいモノ以外は排除するって)特高警察かよ」と散々批判されたのだが、当該の行為を通そうとした元大臣が詐欺事件で自殺し、それがお流れになった…という事件が昔起きた。
そして、その魂は市場すしに受け継がれたのだと思う。悪い意味で。

要約すると、大阪のチェーン寿司店にて、韓国人コミュニティの間で、このような差別が常態化している、という指摘があった。
・寿司職人が、韓国人・中国人観光客相手に民族差別/侮蔑発言を繰り返す(日本人と来た場合、あるいは日本語が流暢な韓国人・中国人が同席している場合はなし?しかし、一部の日本人にも同じように侮蔑発言をするとのこと)
・赤身を大トロだとだまして出した
・わさびを必要以上の量を入れ、追求されると「辛いものが好きだろう!」と開き直る

で、これに対してどう公式が対応したかというと

インターネット各所にてお騒がせ致しましたことをお詫び申し上げます。


マ ジ で 日 本
あのさ、これ何度も言うけれども「お騒がせ」「不快に思わせてしまい」だから批判している人は一人もいないわけで、もっと、別の、人権だとか人に対して嫌がらせをしたというそういうことをさ・・・。いやまあ、無理筋だというのは分かるけれども。

すしに多くのわさびを乗せていた件ですが、こちらはそのような事実がありました。
海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供したことが、
わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました。


はいはい~~~不愉快~~~~マジックソワード~~~~!
それはサービスとは言わないでしょ。しかも、日本人/日本語が流暢な人がいる場合はそういうサービスはやらなかったんでしょ?明らかに、「日本語があまり分からない」という時に狙ってやっていたんでしょう?あと、Googleでのレビューは1年前からあったけれども、それは読んでいなかったのか?

スシ・ポリスは「間違ったスシを排除して正しい寿司にお墨付きを与える」みたいに、今回のこの店も「間違った客を排除し、笑ってネタにする」というのが常態化してしまったように思える。(そもそも、スシポリスに賛同していた人は当時は多く、『海外のインチキすし職人を成敗!』という趣旨の番組が、何回も続いているというひどい状態だしな…)

増量の要望が多い、というどうしようもない理由は、怒りよりも先に脱力してしまったよ。いや、たしかに辛いのが好きな人がいるのは事実だけれども、それは客が自分で掬わせればいいじゃない。選べるようにすればいいだけの話でしょう?実際に、説明もなく食べられないほど大量に食わせるというのは、サービスでも何でも無いだろ。嫌がらせ、差別以外の何者でもねえっつうの。

あと、人種差別/民族差別発言は完全になかったことにしていたので、おそらくまた同じことが起こる。それに関してはおそらく「もっと気が付かれないようにやれ」と社員教育されておしまいでしょう。それに、何もしなくても勝手に


「外国人向けにわさびが多いのは誤解!元から多いし、対応も大衆向けの店だからあれが普通!」


と援護してくる人が出てくるのも、政府が差別/民族侮蔑発言した時に来る援護と全く同じだよね。嫌になるくらいに同じだな!

何が言いたかったかというと、政府とか企業とか、上がこんな「誤解を与えてすいませんでした~」ということを(こちらの感覚が麻痺するくらいに)押し付けてきたので、「こういう対応をやっておけばいいだろう」と学んでしまった、だと思う。差別はなかった、じゃねえだろ。あった、だろ。あっても隠蔽しようとしています、だろう。